headband

保険

個人年金保険のおさらい

この記事では、個人年金保険の種類について説明していきます。

いわゆる個人年金保険とは、国が実施している国民年金や厚生年金などの公的年金の上乗せ保障としてなされるものをいいます。

この個人年金保険の代表例が、確定年金と終身年金です。

それ以外にも、10年あるいは15年という支払期間を定めて、その期間中には被保険者が生存していることを条件に年金が支払われる有期年金もあります。

確定年金とは、10年あるいは15年という支払期間を定めて、その期間中には被保険者の生死にかかわらず年金が支払われる個人年金保険をいいます。

この確定年金は、支払い総額すでに確定している点で、年金の支払われる期間が決まっている有期年金よりも保険料が高くなります。

これに対して、終身年金とは、被保険者が生存している限り年金が支払われる個人年金保険をいいます。

終身年金は、有期年金と同様に被保険者が死亡した時点で年金の受給が終了します。

そのために、終身年金では、年金受取後すぐに被保険者が死亡した場合には、払込保険料の総額よりも受け取る年金額の方が少なくなることもありえます。

そのような場合に対処するために、一定期間は被保険者の生死に関わらず年金を受給できるという保証期間付終身年金という商品もあります。

pagetop
Copyright(C) 2012 保険初心者講座 All Rights Reserved.